さおりんチャレンジ

農心ふるる冷麺水冷麺にチャレンジ

さおりのせかいへ、ようこそ。

さおりが気まぐれに挑戦する、さおりんチャレンジ。第9回目はチャレンジではなく、私が好んで食べる、農心「ふるる冷麺 水冷麺」を紹介してみます。

農心は韓国のメーカーで、「辛ラーメン」で有名な企業さんです。辛いインスタントラーメンが代表的な商品ですが、この「水冷麺」は全く辛くないので、お子様でも安心ですよ。

韓国宮廷の伝統秘法

パッケージには「韓国宮廷の伝統秘法を手軽にご家庭で」と書かれていますので、きっと韓国では伝統ある冷麺なのでしょう。残念ながら宮廷の秘法を存じ上げませんので、いわゆる一般的な「冷麺」として、楽しんでいます。

農心ふるる冷麺のパッケージ

パッケージを開けてみると、白いトレイの中にまるく固められた面と、液体スープのみ。具材は一切入っていないので、お好みで用意しましょう。冷やし中華と同じ具材が、個人的におすすめです。

農心ふるる冷麺のパッケージ内

麺は、お鍋などで3分茹でたあと、冷水でしっかり冷やします。液体スープはあらかじめ丼などに入れ、260mlの水で割っておき、そこに茹でて冷やした麺を投入すれば完成です。

農心ふるる冷麺完成

さすがにこれだけだと寂しいので、お好みの具材をのせて彩りよく。

酸味が効いた甘みのある味

スープはちょっと酸味が効いた、さっぱりした味。説明書きによりますと、特製トンチミスープにリンゴ酢を加えた、甘みのあるスープとのこと。ちなみにトンチミスープというのは、大根の塩漬けからにじみ出たスープのことだそうです。

麺は、盛岡冷麺のような小麦粉ベースの白いものではなく、本場で使われているそば粉を使った弾力性が強い極細麺。

酸味が効いたスープや、弾力性の強い極細麺は、かなり好みが分かれるところだと思いますが、私はこれが大好きで、お店で見かけたら必ず購入してストックしています。

同じ「ふるる冷麺」シリーズで「ビビン冷麺」という辛味が効いた冷麺もありますが、こちらもオススメしたい一品です。

お店で見かけた際には、ぜひ一度お試しください!

-さおりんチャレンジ
-

© 2020 さおりのせかい