さおりんチャレンジ

ペヤングやきそばアップルパイテイストにチャレンジ

さおりのせかいへ、ようこそ。

さおりが気まぐれに挑戦する、さおりんチャレンジ。第8回目は、"主食"なのか"おやつ"なのか判断に迷う、ペヤングやきそば「Apple Pie taste」に挑戦してみました。

以前に挑戦したペヤングやきそば「ギリチョコレート」と同じ雰囲気を感じる、今回のアップルパイテイスト。商品化されているからには、きっと食べられるものに仕上がっているんだろう、という期待を込めて、いざ。

アイキャッチ[さおりんチャレンジ]
ペヤングやきそばギリチョコレートにチャレンジ

さおりのせかいへ、ようこそ。 さおりが気まぐれに挑戦する、さおりんチャレンジ。第2回目は、2017年に発売されたものの、なかなか買う勇気が出なかった「ペヤングやきそば ギリチョコレート」に挑戦してみま ...

宇宙空間に輝くリンゴ

パッケージはペヤングやきそばを踏襲していますが、アップルパイテイストなのに、なぜか宇宙を背景に輝くリンゴ。リンゴを惑星に見立てているのでしょうか。ある意味、強烈な印象を与えています。

ペヤングやきそばアップルパイテイストのパッケージ

パッケージを開けてみると、いつものペヤングやきそばの麺と、かやくとして乾燥リンゴ、そして赤いインクでプリントされたソースの小袋。かやく以外は、それほど嫌な予感もせず。

ペヤングやきそばアップルパイテイストのパッケージ内

かやくを麺の上にあけ、お湯を注いで3分待ちます。3分後、お湯を捨てたら、ソースを入れてよく混ぜてみました。

ペヤングやきそばアップルパイテイスト完成

混ぜていると立ち上ってくる、甘いアップルパイの香り。

食べてみます

それでは食べてみます。

香りはとても甘く、アップルパイっぽい雰囲気が漂っています。口の中には、アップル系の甘い味と、いつもよりスナック感を感じる麺の強烈なハーモニー。美味しい不味いという感想よりも、違和感と…何でしょう。脳が混乱しているような感覚。

これを主食として食べるのは、なかなか辛いものがあります。かと言って、おやつとして食べるのも難しい。

SNSやネット記事などでは「不味い」という感想が目立ちますが、個人的には不味いというよりも「合わない」という感想でしょうか。出会ってはいけないものが出会ってしまった、そんな感じ。

リピートするにはかなりの勇気が要りますが、話のネタとして一度は食べてみるのもいいのではないでしょうか。

-さおりんチャレンジ
-

© 2020 さおりのせかい