さおりんチャレンジ

明星富山ブラック風牛まぜそばにチャレンジ

さおりのせかいへ、ようこそ。

さおりが気まぐれに挑戦する、さおりんチャレンジ。第7回目は、牛骨らぁ麺マタドール×まぜそば専門闘牛脂がW監修した、濃厚醤油&ブラックペッパーのカップ麺「富山ブラック風牛まぜそば」に挑戦してみました。

私はどちらのお店も存じ上げませんが、濃厚醤油とブラックペッパーという時点で、もう「買うしかない」という気にさせてくれたパッケージでした。

強烈なパッケージが魅力

売り場でも目を引くパッケージデザインでしたが、見るからに濃厚そうな写真と、赤と黒のコントラストが強烈です。

富山ブラック風牛まぜそばのパッケージ

パッケージを開けてみると、濃厚なソースがよく絡むであろう太麺と、おそらく濃厚なソースが入っているであろう液体ソースの袋、そしてあとのせかやくの袋。きっとブラックペッパーが入っているのかな。

富山ブラック風牛まぜそばのパッケージ内

ソースもかやくも後入れなので、お湯を注いで5分待ちます。5分後、お湯を捨てたら、ソースを入れてよく混ぜ、かやくをふりかけてみました。

富山ブラック風牛まぜそば完成

うわ~、ペッパーが強烈そう…。

食べてみます

それでは食べてみます。

濃厚なソースの香りと、ブラックペッパーの香りに包まれながら、口の中には濃厚なソースの味とブラックペッパーの辛味。とても美味しいのですが、それを辛味が上回ってきます。

そして、味が濃い。塩味が強いというより、すべての味が濃い。個人的にはもうちょっと薄味がいいかな。胃が痛くなりそう。

パッケージに書かれている辛味レベルは、5段階中の2になっていますが、これは何基準なんだろう。いつまでも引きずる辛味ではありませんが、かなり刺激が強いので、辛味に弱い人は要注意です。

また食べる機会があれば、濃い味を緩和するために、少しお湯を残した状態でソースを入れてみようと思います。

-さおりんチャレンジ
-

© 2020 さおりのせかい